Team

平田仁子

代表理事
平田 仁子 (Kimiko Hirata)

アメリカの環境団体の経験を経て、1998年から2021年までNPO法人気候ネットワークで国際交渉や国内外の気候変動・エネルギー政策に関する研究・分析・提言及び情報発信などを行う。
気候変動枠組条約締約国会議(COP)には、1997年のCOP3から参加。2011年の福島第一原子力発電所事故の後には石炭火力発電所の建設計画に対して取り組み、多くの計画を中止に導いたことや、金融機関に対する株主提案などが評価され、2021年ゴールドマン環境賞を受賞(日本人3人目、女性初)。2022年にClimate Integrateを設立。国内外のパートナーと連携し、各ステークホルダーの脱炭素への動きを支援する。
講演や執筆活動も行う。主な著書『気候変動と政治 -気候政策統合の到達点と課題』成文堂(2021)。『原発も温暖化もない未来を創る』編著、コモンズ(2012)。千葉商科大学大学院客員准教授。聖心女子大学卒業、早稲田大学社会科学研究科博士課程修了(社会科学博士)。note / Twitter

井田徹治

理事
井田 徹治 (Tetsuji Ida)

共同通信社
編集委員兼論説委員
(環境・開発・エネルギー問題担当)

東京大学文学部社会学科卒、同年共同通信社に入社。本社科学部記者、ワシントン支局特派員など経て2010年から編集委員兼論説委員。環境と開発、エネルギーの問題を35年にわたって取材。アジア、アフリカ、中南米などでの環境破壊や貧困の現場の姿を報告してきた。気候変動枠組み条約締約国会議など多くの国際会議もカバーしている。『大気からの警告―迫りくる温暖化の脅威』(創芸出版)、『ウナギ 地球環境を語る魚』(岩波新書)、『生物多様性とは何か』(同)、「霊長類 消えゆく森の番人」(同)、「追いつめられる海」(岩波書店・科学ライブラリー)など著書多数。Twitter

白石賢司

理事
白石 賢司 (Kenji Shiraishi)

カリフォルニア大学バークレー校再生可能・
適正エネルギー研究所
国立ローレンス・バークレー研究所

研究員

東京大学にて工学学士及び工学修士を取得後、環境省に入省し、国内外の地球温暖化対策や廃棄物・リサイクル政策等に従事。同省課長補佐、公益財団法人地球環境センター事業部長、カリフォルニア大学バークレー校公共政策学大学院を経て、現在はカリフォルニア大学バークレー校再生可能・適正エネルギー研究所及び国立ローレンス・バークレー研究所にて日本を含むアジアの再生可能エネルギー政策の研究を行っている。Twitter

山岸尚之

理事
山岸 尚之 (Naoyuki Yamagishi)

WWFジャパン
(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン
気候エネルギー・海洋水産室長

立命館大学国際関係学部在学中に開催されたCOP3が契機となり、国際気候政治の専門分野へ。卒業後、米ボストン大学大学院・国際関係論・環境政策の修士号取得。以降、WWFジャパンにおいて、気候変動・エネルギー分野での国内政策および毎年の国連気候変動枠組条約会議(COP)での政策提言活動に主に携わる。COPには2003年からほぼ全て参加している。2020年より室長。Twitter

STAFF

プログラム・ディレクター
渡辺 千咲 (Chisaki Watanabe)

米ボストン大学大学院コミュニケーション学科を卒業後、AP通信東京支局で政治、経済、社会問題など幅広いトピックについて取材活動を開始。ブルームバーグニュース東京支局で再生可能エネルギー、気候変動、電力市場を担当したのち、米タフツ大学フレッチャースクールで環境法や米国の洋上風力市場などについて学び修士号取得。地球環境戦略研究機関リサーチフェロー、CDP Worldwide-Japan を経てClimate Integrateに参加。

リサーチ・フェロー
小俵 大明 (Hiroaki Odawara)

北海道大学経済学部卒業、同公共政策大学院修了。2014年環境省入省。2015年から2017年まで土壌環境政策の立案に携わった後、2017年から2019年まで、パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略をはじめとする各種国家戦略の調整や、COPやG7・G20等の国際会議における気候変動交渉や気候外交に従事。2019年から2021年まで国連気候変動枠組条約事務局(UNFCCC)において途上国の気候変動分野の能力構築を支援した後、Climate Integrateに参加。

コミュニケーション・マネジャー
佐々木 康之 (Yasuyuki Sasaki)

バンド「bonobos」でデビューし全国ツアーや大型フェスに出演、多数の音源を発表。脱退後はプロデュースやCM音楽制作、ツアーサポートなど音楽家として活動開始(音楽活動のウェブサイト)。同時に社会活動へ積極的に参加し、NPOいけだエコスタッフでは食とエネルギーの地域内循環をテーマにプラントベースレストラン「3RキッチンVegan」の立ち上げや、小水力発電などに取り組む。草の根運動を大切にしつつ、それだけでは変わらない世の中の根深い仕組みに提言できる場を求め、2022年春よりClimate Integrateに参加。京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)環境デザイン学科(建築専攻)卒業。Twitter

コミュニケーション・フェロー
川口 敦子 (Atsuko Kawaguchi)

筑波大学大学院修士課程修了(地域研究)。2001年から共同通信社で取材活動を開始、特に気候変動と生物多様性に興味を抱く。COP21でのパリ協定採択に至る国際交渉を取材し多くの記事を執筆。同社での20年以上のキャリアを経て2022年からフリーランスのライター。

オフィス・マネジャー(総務・経理)
小野里 悠紀子(Yukiko Onozato)

団体のミッションに賛同し、旅行会社勤務を経て、Climate Integrateに参加。 かつての総務・経理分野の経験を活かし、主に運営サポートに従事している。

Advisor

ビル・ヘア

CEO, Climate Analytics
(気候科学)

プロフィール

アシーナ・ロンキロ=
バレステロス

Managing Director, Climate Leadeship Initiative
(気候外交・気候資金)

プロフィール

蔵元左近

弁護士
(法務、SDGs、ESG、ビジネスと人権)

プロフィール

坪郷 實

早稲田大学名誉教授
(政治学・比較政治・環境ガバナンス・市民社会論)

プロフィール

水口 剛

高崎経済大学学長
(責任投資・非財務情報開示)

プロフィール